スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

プリウスの買取相場ってどのぐらい?

ハイブリットカーとして人気のプリウス!中古車でもかなりいい金額ついていたりします。ちなみにプリウスの買取相場を調べてみると、下は10万以下から、上は200万オーバーまで値がつく車があるそうです。昔のプリウスは、かなり買い叩かれる感じですね!

トヨタ車 買取相場!愛車を無料査定!

そもそもプリウスがデビューしたのは、確か1997年のこと!当時のデザインと比べ、今のデザインってかなり精錬されている。お洒落になったって感じ。買取査定額が高くなるのも最近の新しいモデルだしね!

でもプリウスって歩いている時、後ろから来ると全く分からないほど静か!逆に危ないと思ったりすることもあるけど・・・
スポンサーサイト

| 車の買取相場 | TOP↑

中古車買取査定でガリバーが強いわけ!

過去の経験を元にすると中古車買取査定は、ガリバーが強いかなと思っていたりする。ガリバーの場合、中古車相場は全国のオークションを把握しているからね!さらに中古車販売網からの『この車が欲しい』という生のデータがあるのが強み!自動車の人気って車種や季節でも異なるからね!そのためガリバーは、人気の車は高価買取傾向にあったりする。なお事故車買取査定となるとガリバーよりのカービューのほうがベストプライスを出すかなと思ったりする。やはり専門業者に一括見積もりさせるから、それでベストプライスが出るのかもしれない!

| 車の買取査定・体験談 | TOP↑

自動車リサイクル法とリサイクル券(預託証明書)のこと!

自動車って鉄やアルミの固まりなだけあって、リサイクル率が高いらしいね!事故車買取廃車見積もりなどで価値があるケースがあることからもわかります。ちなみに自動車の場合、約80%ぐらいリサイクルされるらしいね。ただ、それでもゴミになる分は埋立処理をしていたみたい!ただ、その埋立場所のスペースの問題や、エアコンなどのフロン類の処理をしないと地球温暖化問題にもなるから、これらを解決する目的で2005年に自動車リサイクル法が始まったらしい!要は、自動車メーカーや輸入業者にゴミとなる部分の引取・リサイクルを義務づけたわけ!で、そのリサイクル費用を自動車の所有者が負担するわけ!だから、自動車買取査定中古車買取査定、さらに廃車などのときに、リサイクル費用を負担する必要があるわけ!それがリサイクル券として渡されるんだよね!ただ、自動車リサイクル法がはじまる以前に車を購入している場合は、売る時に別途リサイクル費用を徴収されるみたい!ちなみにバイク買取査定ではリサイクル券は無いけど、2004年から『二輪車リサイクルシステム』が

| 自動車リサイクル法 | TOP↑

自動車を売却するときにの必要書類や注意点!

自動車を売却するときに必要となる書類や用意しておくことがあります。もし必要書類を紛失してる場合は、再発行しておきましょう!


●小型・普通自動車を売却する時の必要書類など
1)自動車検査証(車検証)(再発行先→運輸支局)
2)自賠責保険証明書(再発行先→保険会社)
3)自動車納税証明書(再発行先→運輸支局の自動車税事務所や都道府県の税事務所)
4)印鑑登録証明書
5)リサイクル券(預託証明書)(再発行先→自動車販売店)
6)実印(委任状・譲渡証明書の捺印に必要です)
7)印鑑証明書(市町村役場で取得)
8)委任状(登録の手続きなどを本人に代わり、販売店に任せるときに必要な書類。実印を捺印します。)
9)譲渡証明書(譲渡証)(自動車を第三者に譲渡するときに必要な書類。実印を捺印します。)
10)売却代金振込み口座番号

補足;
こんなケースの場合、これも必要!
・車検証の住所と現住所が違う・・・住民票
・住所が2回以上変更している・・・住民票+戸籍の附票、もしくは住民票の除票
・結婚して姓が変わっている・・・戸籍謄本


●軽自動車を売却する時の必要書類など
1)自動車検査証(車検証)(再発行先→運輸支局)
2)自賠責保険証明書(再発行先→保険会社)
3)軽自動車納税証明書(再発行先→市区町村の役所内の納税課)
4)リサイクル券(再発行先→自動車販売店)
5)認印(自動車検査証記入申請書に捺印します)
6)売却代金振込み口座番号


特に近年は、自動車を購入する時にリサイクル券が渡されますので、紛失しないように気をつけましょう!

なお軽自動車と普通自動車の売却の際に大きく違う点は、実印の有無です!軽自動車を売却する場合、実印の必要はなく、認印で大丈夫です。しかし普通自動車になると、実印と証明書(印鑑登録証明書)が必要になります。

なお自動車を売却する場合、ローンの残債が残っている場合、基本的に売却することはできません。ただしガリバーなどの自動車買取査定を利用すると、ローン残債処理をガリバーが代行してくれます。ただ多少の手数料は取られると思います。ただしローンが完済していなくても自動車の売却はできるわけです。

| 車の買取査定・体験談 | TOP↑

自動車買取査定で査定額を上げるコツ!まず嘘をつかないことかな?

自動車の買取査定では、査定額を上げるコツやポイントが確かに存在します。ココでは、そのコツやポイントについて紹介したいと思います。管理人的には、何台も買取査定で自動車を売却してきたのですが、一番大事なのは相手に悪く思われないことがポイントかなと思っています。結局、買取査定は人間がおこなうもの!嘘をついたり、不信感を抱かれるようでは、納得の査定額は出ないと思っているんですね!

そこでズバリ管理人が考える、買取査定のコツ・ポイントをまとめてみました。全てではないんですが、最低このぐらいは気をつけておこう!

①事故歴・故障歴を隠さない(嘘をつかない)
②車内のニオイ(タバコ臭)や汚れに注意
③車検前後で査定額は変わらない(売り時は車検前!)
④買取が強化される時期を狙う(狙い目は2月と8月かな?)
⑤複数のお店で買取査定してみる
⑥ノーマルが好ましい(改造・ドレスアップなどの個人の趣味は関係なし)
⑦キズ・ヘコミ・塗装剥がれ・錆は修理しない方がいいかも!
⑧査定の値引き(値上げ)交渉はほどほどに!
⑨必要書類は事前用意(記録簿や整備手帳はあるといいね)

ちなみに買取査定は、2月と8月が上がるなんて噂です。要は、買取査定会社の決算期(3月と9月)の前が買取査定が強化されることを意味しているんですが、確かに新車販売も決算前の方が値引きできますから意外と当たっているのかも知れませんね。

あと自動車が好きな方の中には、ドレスアップ(エアロやオーディオなど)や改造していたりするケースがありますが、この手の個人の趣味は一般的な買取査定では、全く反映されません。どちらかというと専門店で買取査定してもらう方がいいですね。

また事故歴や故障を隠す方がいるのですが、事故歴についてはプロが見れば一目瞭然です。下手に嘘をつくより、本当のことを申告したほうが、相手の心象を悪くしないで済みます。実は、多少なりとも心象がいい方が買取査定にも有利に働くことがあるので、意外と盲点かもしれません!買取査定は、色々とチェックされるんですね!

| 買取査定アップのコツ | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。