スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

自動車を売却するときにの必要書類や注意点!

自動車を売却するときに必要となる書類や用意しておくことがあります。もし必要書類を紛失してる場合は、再発行しておきましょう!


●小型・普通自動車を売却する時の必要書類など
1)自動車検査証(車検証)(再発行先→運輸支局)
2)自賠責保険証明書(再発行先→保険会社)
3)自動車納税証明書(再発行先→運輸支局の自動車税事務所や都道府県の税事務所)
4)印鑑登録証明書
5)リサイクル券(預託証明書)(再発行先→自動車販売店)
6)実印(委任状・譲渡証明書の捺印に必要です)
7)印鑑証明書(市町村役場で取得)
8)委任状(登録の手続きなどを本人に代わり、販売店に任せるときに必要な書類。実印を捺印します。)
9)譲渡証明書(譲渡証)(自動車を第三者に譲渡するときに必要な書類。実印を捺印します。)
10)売却代金振込み口座番号

補足;
こんなケースの場合、これも必要!
・車検証の住所と現住所が違う・・・住民票
・住所が2回以上変更している・・・住民票+戸籍の附票、もしくは住民票の除票
・結婚して姓が変わっている・・・戸籍謄本


●軽自動車を売却する時の必要書類など
1)自動車検査証(車検証)(再発行先→運輸支局)
2)自賠責保険証明書(再発行先→保険会社)
3)軽自動車納税証明書(再発行先→市区町村の役所内の納税課)
4)リサイクル券(再発行先→自動車販売店)
5)認印(自動車検査証記入申請書に捺印します)
6)売却代金振込み口座番号


特に近年は、自動車を購入する時にリサイクル券が渡されますので、紛失しないように気をつけましょう!

なお軽自動車と普通自動車の売却の際に大きく違う点は、実印の有無です!軽自動車を売却する場合、実印の必要はなく、認印で大丈夫です。しかし普通自動車になると、実印と証明書(印鑑登録証明書)が必要になります。

なお自動車を売却する場合、ローンの残債が残っている場合、基本的に売却することはできません。ただしガリバーなどの自動車買取査定を利用すると、ローン残債処理をガリバーが代行してくれます。ただ多少の手数料は取られると思います。ただしローンが完済していなくても自動車の売却はできるわけです。
スポンサーサイト

| 車の買取査定・体験談 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。